北海道江別市大麻にある、金剛禅総本山少林寺 江別大麻道院の連絡用ブログです。
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
 スコットランドのグラスゴー大学が主管となって24日、25日の二日間にわたって開催された英国内の大学少林寺拳法部の合同合宿が終了した。

 今回は、北大少林寺拳法部から部員3名、フランス在住のOB中島君、COEプロジェクトで特任助教授として北大に滞在して少林寺拳法部に籍を置いているグラスゴー大学少林寺拳法OBのアラン・ランザー君が私と共に参加することができた。 ここでは簡単に内容を紹介しておきたい。

hokudaiglasgow.jpg

(北大少林寺拳法部現役、OBおよびグラスゴー大学少林寺拳法部)

2007uts2

(現役部員、中島君とともに)

 まず、グラスゴー大学少林寺拳法部と北大少林寺拳法部との姉妹クラブ交流の協定を正式に結んだことを報告しておきたい。ここまでに至った経緯については、他の機会を得て文章にしたいのでここでは触れないが、事前に相互に文言を調整して作成した協定書にそれぞれの主将と監督の署名を入れて、それぞれの大学が一部ずつ持つこととなった。

twonclub.jpg

(調印式の場面)

この姉妹クラブ提携は、他に札幌学院大学とダラム大学、南山大学とロンドン大学の二つの提携が成立し、一挙に三つの協定が実現したのである。合宿にはこの他にも英国内の大学少林寺拳法部が10校ほど参加しており、その参加者の全員からの祝福を受けて協定が結ばれたことは、日本と英国の少林寺拳法部の歴史において記録として残る重要な足跡を残したこととなると言える。

twinclub3.jpg

(3大学の調印式直後に合同写真)

 北大の教員として顧問を務めていると同時に、学生時代からの稽古を通じて現在に至る背景の下に指導員として監督を兼任している私として、大学少林寺拳法部の活動が自分の現役の時代には想像することすらできなかった新しい段階に入っていることを実感するのである。学生の部員が、合宿での稽古の場面でも、レセプションなどの場面でも、英国の学生とともに手を取り、技を掛け合い、楽しそうに語り合う姿を見ると、多くの人々の協力と連携を土台としてこのような環境を実現することができて本当に良かったと感じる。

2007uts1

(稽古の場面)

sasakisensei.jpg

(佐々木先生のスピーチの場面)

scotishdance.jpg

(懇親会パーティーのスコティッシュダンスの場面)

 グラスゴー大学の主将が8月に日本に来る予定があること、支部長のトニーが(可能であれば学生の部員と共に)11月の少林寺拳法連盟創始60周年の大会を機に来日する予定があることも伝えられ、交流のきっかけは確実につくられたと言えるだろう。

 種子はまかれたのである。それぞれの大学の部員達が積極的な活動により、その種子を発芽させ、しっかりと育てていくことを願うばかりである。

スポンサーサイト
スポンサーサイト
page top
グラスゴーにて 
ヨーロッパから見て日本は極東と言われるが、日本から見ると極西まではるばる飛んできたことになる。

22日の朝5:30頃に家を出て千歳に向かい、羽田から成田へバスで移動し、成田からヒースローに飛んで、そこからグラスゴーにたどり着くまで、ほぼ丸1日かかった。やはり遠いところにやって来たことがからだでも実感する。

グラスゴー空港にグラスゴー大学少林寺拳法部の支部長、拳士が迎えに来てくれていて、昨年10月に会って4ヶ月ぶりに会うことになったが、もうすっかり昔からの仲間に会う気分になるのは格別の嬉しさである。

今回は北大少林寺拳法部の主将、来年度の主将、1年目部員の3名を伴っており、加えて札幌学院大学少林寺拳法部の池上監督、高田OB、北見工大少林寺拳法部監督の宮末先生も同行しているので、賑やかなことこの上ない。

二日目の朝から、上記のメンバーに加えて名古屋の佐々木先生、伊藤先生、南山大学監督、部員2名とともに、グラスゴー大学の部員数名がお世話してくれて、ローモン湖やウィスキー醸造所などに足を運んだ。薄曇り、時々小雨という天候がいかにもこちらの風土を特徴づけているということだったが、快適でゆったりとした心持ちに浸ることができた。

夜には、今回の合宿で札幌学院大学少林寺拳法部と姉妹クラブ提携を結ぶことになっているダラム大学少林寺拳法部の監督と支部長も参加した会食がディマジオというイタリアンレストランであり、明日から始まる合宿に向けて皆の気分は大いに高まってきていることが強く伝わってきた。

私の宿舎のポンドホテルに引き上げて来て、このメールを無線ランが使えるロビーで書いているとダラム大学少林寺拳法部の数人のメンバーが現れて隣の席で熱く語り合っている。途中で、グラスゴーに向かう列車の事故が報じられけが人が数人出たという報道もあったが、死者はいないということだった。

ともあれ、練習は明日から始まるので、各大学からの参加者総数が100人を超えるという合宿で、また新しい出会いが必ずあることを思うと、国境を越えてこのように若者達が少林寺拳法を通じて出会うことの価値と意義が本当に貴重なものだと思う。

明日の稽古の様子については、写真、映像を記録してここにアップすることにしよう。
page top
 すでにお知らせしていたように2月22日から27日まで道院長が北海道大学の部員と共に英国連盟の大学合同合宿に参加するために不在となります。

 その間の稽古担当について、有段者の皆さんに日程の確認をお願いしていましたが、出席可能な方がわかりました。以下のように担当責任者をお願いしたので、他の皆さんにもご協力をお願いします。拳士、保護者各位におかれても事情をご了解いただき、ご協力をお願いします。

2月22日(木)初谷拳士
2月24日(土)初谷拳士
2月26日(月)岩田副道院長

また、怪我、事故の無いように出席者全員が注意をしていただくようお願いします。




copyright © 金剛禅総本山少林寺 江別大麻道院 連絡用ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
custamize&material by
http://flaw.blog80.fc2.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。